注意点

ここでホワイトニングができない場合があるので、そういった対象をご紹介します。まず「虫歯がある人・歯周病のある人」こちらは、ホワイトニングを行う前に虫歯治療・歯周病治療を済ませてから行いましょう。治療をせず行うと、症状を悪化させる場合があるので、注意しましょう。次に「詰め物や差し歯が変色している人」こちらの変色に関しては、ホワイトニングを行っても効果がみられないので、詰め物や差し歯のやり替えをしたほうが良いです。「妊娠している人」妊娠されている人は、胎児への影響はないものの、確信ではないので、基本的にどこの歯医者でも行っていません。どうしても白くしたい場合は、一時的に白くする“歯のマニュキア”をおススメします。その他には、歯の変色が非常に強い人や金属によって歯が変色している人・歯の神経が死んでいる人に対しては、ホワイトニングでは、充分な効果が期待できないことから、差し歯や、白い詰め物を進める歯科医師も少なくないようです。
また、上記の対象にならない人でも、ホワイトニングを行うと、歯がしみたり・歯茎が痛くなったりする方もいるようです。そういう場合には、一旦使用を中止し、症状がなくなってから再開しましょう。

Copyright(c) 一般人も「歯がinochi」. All Rights Reserved.